忍者ブログ
8月26日 筑波サーキット

1ヶ月ぶりのサーキット走行、今回の目的は
Fr足回りのセッティング変更です。

      現在の状態は

スプリングが1.0kg
フォークオイルはショウワ#10
油面128mm
プリロード標準+1

スプリング以外はほぼスタンダード状態です。
4秒台で週回している分には特に問題は無かった
のですが、3秒台に入ってくるとブレーキングの際に
変な挙動が起こり、ハードブレーキングが出来なく
なってしまいました。
ブレーキング時の姿勢が前のめりになり、Fタイヤが
ダダダッと跳ねながら外へ逃げて行くような感じで
気分的にもビビリが入り、これ以上突っ込めないな
といった具合でブレーキングポイントが手前手前に
なってしまい前走車をパス出来ず、しまいには
タイムも落ちていってしまいました。

今日は1本しか予約が取れなかったので、あれこれと
セットを変えたりは時間が勿体無いので、一度で大幅に
変えてみることに。

プリロード標準+3
リバウンド最強-0.5
コンプ最強-0.5
Frタイヤ空気圧1.8

静止した状態で車体お押し込んでみたところ
あきらかに沈み込みが少なくなっています
取り合えずこれで一度走ってみることにしました。

まず1コーナーでよくおきていたタイヤがダダダッと
外へ逃げていく感じが無くなったのですが、いつも通り
の走り方だと1次旋回で若干アンダーぎみになりました。
そこでブレーキングポイントを少し奥へずらし、前荷重を
意識するようにコーナーへ進入してみたら、通りたい
ラインに上手くのせることが出来ました。
今までより強くブレーキを掛けても不安な感じが全然
なく、ちょっと大袈裟な言い方をすると何処までも
突っ込んでいける印象ですが今回はそこまで試す
事はしませんでした。まだこれで決まりではないので
次の機会にセットの微調整をしながら走行ペースを
上げていくつもりです。

あと気になった事は、ブレーキをリリースしたときに
フォークがピョコっと速く戻ってくる事と、コーナーの
立ち上がりでアンダーが出る事です。
リヤショックのプリロードを掛けて後ろに荷重が移った時に
尻下がりにならないようにして、走り方も工夫していかなければ
ならないと思います。

今回のセッティング変更はかなりの好印象で、こうも変わるの?
ってほど乗り味に変化がありました。
セッティングは奥が深く、まだまだやれる事が沢山あるので
とても楽しみです。

ちなみに今日のベストは3秒6でした、走行車もかなり
多くて、タイムアタックどころではなかったのですが
セット変更のおかげでブレーキを掛けていけるようになり
前走車をパスする事が楽になりました。
そろそろ2秒台に入れて
峠の走り屋レベルから脱皮したいところですね~

 

 



自分用メモ

タイヤ
BT002プロ
Fミディアム1.8k
Rハード1.8k
合計使用時間
F50分
R50分

水温 
87℃

F足セット
プリロード標準+3
リバウンド最強-0.5
コンプ最強-0.5

拍手[0回]

PR

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

タイヤの件、有難うございました。


忍者君ではプリロードの調整をした事が無いのですが、走り方に変化があるのなら試してみたいです。

低速コーナーで頻繁に感じるのですが、ブレーキリリース時にピョコっとフロントが浮き上がる感覚はZXー6Rでもあります。伸側減衰圧を強くするだけでは足りないのですね!

次回の走行では、色々とセッティングしてみたいと思います。

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字(絵文字)


プロフィール
HN:
taka
年齢:
1240
性別:
男性
誕生日:
0777/07/07
趣味:
ビール、猫、釣り、チャリ、素潜り
自己紹介:
33歳でレースデビュー、夢見がちなただのオッサンです(O型)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
その他
今後の予定♪
フリーダイビング&Spearfishing
最新CM
[04/26 ジョン19]
[03/01 ジョン19]
[02/25 クロショー!]
[02/08 ジョン19]
[01/10 LOW]
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索
お気軽にどうぞ
最新TB
アクセス解析
コガネモチ
コガネモチ